自己破産のメリットとデメリットについて

お金のことを知ろう

自己破産のメリットとデメリットについて

自己破産は、借金の返済をすることができなくなり(支払い不能)、収入や財産などから鑑みて、返済能力がないなど破産要件を満たした場合に、手続きを行うことができます。
具体的な手続きは、弁護士など法律の専門家に相談をする必要があります。

自己破産をするメリットは、借金を無くすことができるため、生活を立て直すことができると言えるでしょう。
デメリットは、自己破産を行うと、借入をしていた銀行や消費者金融等に弁護士等から通知が行きますので、その時に信用情報機関に登録されます。
そのため、一定期間、新たな借入はできなくなります。
また、手続きが終わるまで就けない職業があり、弁護士や公認会計士、税理士、生命保険募集員、警備員などがあります。

さらに、もし、自宅を所有している場合には、売却し、換価して、債権者に配当しなくていけません。
そのため、自宅は退去しなくていけませんので、自宅または不動産を所有している場合には、手放すことが、自己破産をする上での一番のデメリットと言えるでしょう。

pickup

口コミで人気の秋葉原の全身脱毛サロンランキング

Last update:2017/9/15