慰謝料について

お金のことを知ろう

慰謝料について

慰謝料とは、精神的損害に対する損害賠償金のことを言います。
精神的損害とは、肉体的苦痛、悲嘆、恥辱等を指します。
民法では、身体侵害、自由・名誉侵害等に限らず不法行為全般に関して精神的損害があれば、慰謝料が広く認められています。
しかし、所有権その他の財産権の侵害については、財産上の損害さえ損害賠償金によって賄えれば十分であると考えられているため、原則、慰謝料は認められていません。

慰謝料で一番よく耳にする機会が多いのは、離婚による慰謝料ではないでしょうか。
配偶者の不貞行為やDVなどによって離婚した場合、その精神的苦痛について慰謝料を請求することができます。

離婚の慰謝料は、平均すると300万円程度と言われているそうですが、離婚原因、暴力など受けて精神的、肉体的な苦痛が大きかった場合などにも変わりますし、婚姻期間など様々な要因で請求可能な金額は変わるようです。
また、請求する相手側の財産状況によって、請求金額は大きく変わるようです。

当事者同士での話し合いで纏まらない場合は、裁判所による調停や弁護士に相談することで解決することもあるでしょう。

おすすめサイト⇒ 慰謝料に関するQ&A

注目サイト

ブラインド内蔵サッシの施工
http://www.seiwa-elumin.com/

2017/4/11 更新