債務整理の種類について

お金のことを知ろう

債務整理の種類について

債務整理には、3つの種類があります。
1.任意整理、2.自己破産、3.民事再生の3つの手続きの中から、その人の状況や希望に応じて、手続きを選択することができます。

たとえば、消費者金融からの借入が膨らみ、返済が困難になってしまったが、自己所有のマンションは手放したくないといった場合があります。
自己破産の場合、自己所有の不動産は手放さなくてはいけないため、任意整理か民事再生を選択することで、不動産を手放さずに、借金を整理することができます。

任意整理の場合、利息制限法に基づき、これまで支払い過ぎていた利息分を返済に充てることができるため、返済額を減らすことができますし、通常、利息をカットして元本だけ支払いをしていくことができます。
また、民事再生であれば、継続して一定の収入が見込める場合、住宅ローンを除いた借金を任意整理と同様に、返済額を減額し、利息をカットして支払いをすることができます。

いずれも、手続きを行う上で、メリット、デメリットがありますので、債務整理を扱っている弁護士や司法書士に相談することをお勧めします。


債務整理のデメリット

借金の支払いが困難になり、健康的な生活も出来なくなった人を救済する「債務整理」の制度があり、「自己破産」「個人再生」「任意整理」などの方法がありますが、いずれの場合においても共通して言える事は、5年から10年にかけて信用情報機関に載ってしまうため、その間においては、借金が出来なくなり、クレジットカードや車や住宅ローンなどの審査も通らなくなると言うデメリットがあります。
特に自己破産の場合は、自己の不動産、車など財産価値のある物は全て手放さなければなりません。
また、弁護士、司法書士、税理士、宅地建物取引主任者などの特定の職業に一時的に就けなくなります。
但し、免責が確定したら、職業の制限はありません。
更に自己破産と個人再生においては、官報に掲載されます。
しかし、一般の方が見る可能性はきわめて低いとされます。
債務整理に置いては、借金する時に保証人にお願いしている場合は、保証人が返済義務を負うため大変迷惑を掛ける事になります。
手続きも自分自身で行う事も出来ますが、精神的に荷が重いものですし、特に任意整理の場合は、債権者と交渉し和解が必要になりますので、最も難しいとされています。
そこで、一般的に司法書士や弁護士に相談し依頼する人がほとんどのようですが、専門家へお願いすれば費用もかかります。
借金で悩んでいる方は、まず、以上のようなデメリットを理解し、無料相談などを利用して専門家に相談するなどして十分検討する事です。

注目サイト

ベルウェール渋谷

人気のお取り寄せ餃子ランキング

オリジナル マグカップ